2010/12/08

トラ・トラ・トラ

文字色日本時間の1941年12月8日未明、日本海軍は真珠湾奇襲攻撃をした。
『トラトラトラ』 は 『ワレ キシュウ ニ セイコウ セリ』の暗号電文。

非難も賛辞もしない。 それしかなかった日本だったのである。

_0019165.jpg
いみじくも、真珠湾攻撃時の零戦の写真が一月になってしまった。
それも今日という日に・・・・

やっと完成したカレンダー。 まずは空を飛んで愛媛へと旅立つ。





スポンサーサイト
2010/12/08

日本帝国陸海軍戦闘機カレンダー制作日記 十二機目

さて、いよいよ最終12機目の撮影が終わった。
二式水戦のディオラマである。

_0019161sss.jpg
やっぱりこのディオラマには深い思い入れがある。
アンボン基地、いつか行って見たいものである。


12ヶ月分、揃ったのでゲラ刷りしてみた。
_0019164.jpg

こうして見ると俯瞰の構図がちょっと多すぎたような気がするが
1/144というスケールを考えると仕方ない気もする。



2010/12/06

日本帝国陸海軍戦闘機カレンダー制作日記 十一機目

紫電改。

零戦が栄光と挫折の飛行機だとしたら、
紫電改は、希望と見果てぬ夢の戦闘機だったのかも
しれない。

ちばてつや氏の紫電改のタカは、戦争を知らない子供たちである
自分たち世代にはヒーローそのものだった。
それはいまも変わらぬ夢であり、希望である。

たかが飛行機、されど飛行機。

英霊に誉あれ。

_0019028sss.jpg

誉エンジン調整中。




2010/12/06

日本帝国陸海軍戦闘機カレンダー制作日記 十機目

A7M 烈風 三菱製。


_0019019sss.jpg

このままじゃ、1/144がいかに小さいかが伝わらないと思い、
手のひら写真にしてみた。

烈風は堀越二郎氏の遺品作といってもいいだろう。
ただ、あまりにも零戦が凄すぎた・・・・


2010/11/23

日本帝国陸海軍戦闘機カレンダー制作日記 九機目

二式単座戦闘機 「鐘軌」キ44米軍 コードネーム Tojo 東條。
東條とは、連合軍側も洒落た愛称をつけたものである。

_0018882sss.jpg

不恰好ながらエンジンに恵まれて600km/hの速度を得ていた。
陸軍のいわゆる局戦としては戦果に恵まれた機体であったと思う。

それにしても北朝鮮・・・・・どうしたいのだろう????

もう大砲を打ち込む時代から50年も過ぎたと言うのに・・・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。