--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/03/27

本町哀歌(エレジー) 再検証



本町を撮り始めた最初の町が「夕張」だった。

実は、強く惹かれた木造の古い街並みが、夕張市本町だという事は後から知った。

歩いても歩いても続く人けの無い古い繁華街が続く。
多くは廃屋であり、その昔はいわゆる飲み屋街であっただろう場所が、ひっそりとあった。

「本町」の地名の基本としてある「駅」はそんなに近くない。
役場は本町であるが、やっぱり炭鉱町であった頃、大きな商社系炭鉱の本社建物などが
点在していたと思われる。

廃業した病院、閑散とした商店街、訪れる檀家がいるのかと思われる寺社。

そんななか、自分を惹きつけたのが「猫」たちだった。

いま、「地域猫」という言葉でルールを作っている場所があるという。
減らさず、増やしすぎず、暖かく見守られる猫達のことらしい。

ある意味、夕張の猫たちは「地域猫」の先駆けだったような気がする。

本町に居る「猫」はとても大切な要素だと思う。

ふるさとを捨てた、去った人たちのなか、残った人たちのある意味での
心の支えなのかもしれない。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。