--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/03/25

『 本町哀歌 』

第三回は長沼町。
文字通り「細長い沼」のあった町です。三日月湖ですね。
タンネトーとアイヌの人々が呼んでいて、その意味が「細長い沼」ということから
名づけられた地名です。
ここはジンギスカンの有名なところですが、いわゆる味付きジンギスカンで
オイラ的にはあまり好きではありません。
やっぱりジンギスカンはマトンの冷凍です。
生ラムもいいのですが、ヒツジ好きにはマトンの臭さがタマリマセンw

さて街を分断するように走る国道337号線。
R0013498naganuma.jpg

その北側が本町北。
R0013463naganuma.jpg

当然南側は本町南。今回は二つの1丁目1番地を発見できました(嬉)
R0013490naganuma.jpg

長沼町は農業の町。
鉄道もきていません。当然のように街の中心は役場、警察、消防、農協の
倉庫、寺社などで占められてます。
そこに古くからの商店と、民家が集積され本町となり、国道を挟んで
北と、南の二つの本町ができあがったようです。
全て推察ですが。
R0013478naganuma.jpg

R0013502naganuma.jpg

R0013464naganuma.jpg

R0013476naganuma.jpg

R0013500naganuma.jpg

それにしても、どうしてこうも廃屋や、寂れた眺めが好きなのだろうか。
仕事柄、新しい建物、綺麗な空間、コンクリートや鉄みたいな素材を
毎日見ていると、そこにある無駄な緊張感や空気感に疲れているのかも
しれない。
サニタリーで、シンメトリーで、ドライな空間からの逃避なのかもしれない。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。