--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/04/03

三四三空紫電改 松山基地 昭和二十年春  作成日記その弐

RIMG0060sttt.jpg

シルバーを塗ります。
全部です。 何故なら実機はフルジュラルミンだからです。

クリアーでシルバーを止めます。
シルバーは手につき易いのでクリアーで固着させます。

RIMG0065rrr.jpg
細かいパーツに着色しますが、ここでもランナーから切り外しません。

RIMG0068eee.jpg
結合していきますが、フラップ等の着色は先に行っておきます。
理由は帆布とジュラルミンは同じ塗装をしても着色具合が違うからです。

RIMG0069www.jpg
水平尾翼の角度は大切です。
所詮、飛ばない飛行機でも、大切な要因です。

RIMG0070ggg.jpg
今日はここまでにします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

勉強になります!

水洗いするとこから教えてもらって・・・。

私にとっては、知識吸収のチャンス!

完成までに 自分の知らない、どんなテクがあるのか

楽しみに拝見させていただいてます v-222

撃墜王ナガモトさんへ。

おはようございます。

現在も製作中です。

このキットはさすがですね。パテ処理の必要がまったくないですね。

テクニックといえるかどうかですが、自分の場合殆どをエアブラシで
仕上げますので、塗装の順番と処理がテクといえばテクでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。