FC2ブログ
2010/04/08

1944年7月、パプアニューギニア・アンボン司令部水戦基地その3

とりあえず一旦最終回とします。
気持ちの整理がつかないので。

写真は1/48スケールです。 これも古い作品で15年以上経ってるでしょうか。

状況はラバウルに進出した台南空のゼロが不時着し、哨戒中の934空二式水戦が発見し
救助に向かった、という設定です。

RIMG0130f.jpg

RIMG0131f.jpg

父親とはいろんな諍いがありました。
家業を継いでからも、父が生活の殆どを病床に頼ることになっても、その関係は
あまり修復出来なかったように思います。

何故なら、父と腹の底から笑って酒を酌み交わしたことが、なかったからです。
今なら・・・・・とは思っても、遅い話しですし、親子とは所詮そういう物なのかも
しれません。

息子も一人前になりましたが、なかなか酒を飲んでくれませんww

寂しいと、こぼす訳にはいきません。 父もそうだったのだから・・・・


このヨンパチのディオラマは続編も考えております。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

今日は!

このジオラマも凄いですね! リアルです。

不時着した32型のペラが曲がってたり、ピトー管の絶妙な曲がり、

右翼・尾翼の破損状況など ・・・ こだわりましたねー!

息子と父親の関係って、人それぞれでしょうが、ウチも同じです。 

私は、親父とは必要最低限の会話しかしません (笑) 

それにウチの親父は呑めないんですよ。 

別にお互い嫌ってるわけではないのですが、不思議と会話がありません (笑)

嫌いじゃないけど、ホントのこと言うと 苦手意識はあります。 

私は幼い頃から、親父によく怒られてましたから。 親父は昭和一桁だから (笑)

今日も一日お疲れ様でした。

桜は、もう散ったのでしょうか?

今日は北海道も暖かでした。
10℃くらいありましたよ♪

32型ってすぐ気が付いていただいて、嬉しいです。
台南空はすぐ32に機種変えしたんですよね、確か・・・

続編、書き込みましたよww

うわー、、スゴイです!!!
ジオラマってワタシ全然初めてなんですが
見て、、、ちょっとドキドキしてしまいました。
ドラマがあるんですね・・・!!!

isuさん、おはようございます。

ようこそお越しくださいました。

模型単体での表現に、よりリアリティーをつけたのがディオラマでしょうかね。

作成のポイントは「構想」ですね。

歴史や背景といった時代考証が必要になります。