2010/09/13

雪月花廊 九月

雪月花廊の用務員ことトトさんとの約束を果たすため、職人3人を伴って
またまた行ってまいりました。
その前にちと寄り道をして、幻の弁景温泉にいってみました。
カギがかかっているのはわかっていましたが・・・・
きちんと手順を踏んでお湯を頂戴いたしました。
ありがとうございました。

_0017432sss.jpg


_0017433sss.jpg
浴室の窓から渓谷の眺めです。
さっぱりしたところで喜茂別町にむかいます。


_0017435sss.jpg





_0017437sss.jpg
いい面構えの玄関口です。 今日も沢山のお客様で大賑わいでした。

_0017444sss.jpg
屋根の塗装は夜露の乾きをまって、午前七時半スタート。
真心のこもった朝ごはんをいただいてからの作業でした。
前日の痛飲にもかかわらず作業は順調そのもの。
職人たちも気合満点でした。


_0017451sss.jpg
本日のラン太郎。



さて、一路雪月花廊をあとにして、登別で温泉でもと思いましたが
途中、久保内で祭りの幟を発見。
これは通過はできません。神社を探します。
ありました、ありました。
_0017460sss.jpg



境内でなんかやってます。
なんと子供相撲大会です。
あるんだなぁぁぁ、今でも・・・・
_0017463sss.jpg


_0017464sss.jpg


_0017465sss.jpg
参道の階段ですれちがった少年の手にはセミの抜け殻・・・・
集めたよなぁ・・・・・・遠い昔。。。

_0017468sss.jpg



_0017470sss.jpg
社殿から子供相撲を見つめるお年寄りたち。
自分たちの子供時代を思い起こしているのでしょうか。


_0017474sss.jpg


_0017479sss.jpg

喜茂別町双葉で、壮瞥町久保内で、心を満たされて帰路につきました。

良い日曜日に感謝です。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント