FC2ブログ
2010/12/06

日本帝国陸海軍戦闘機カレンダー制作日記 十一機目

紫電改。

零戦が栄光と挫折の飛行機だとしたら、
紫電改は、希望と見果てぬ夢の戦闘機だったのかも
しれない。

ちばてつや氏の紫電改のタカは、戦争を知らない子供たちである
自分たち世代にはヒーローそのものだった。
それはいまも変わらぬ夢であり、希望である。

たかが飛行機、されど飛行機。

英霊に誉あれ。

_0019028sss.jpg

誉エンジン調整中。




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント