2010/12/31

2010年を振り返って。その8  最終回

一年間、GRDⅢというリコーのコンデジで町や集落、そこに居る猫たちや
人々を徒然に撮ってきた。

当然、自分の町が撮りやすいかと思うかも知れないが、何故か少ない。
魅力が無いとか、見慣れているからでは無く撮れないのである。

訳は、カメラを持ってぶらつくにはちょっと顔が売れすぎている。
自慢でもなんでも無いし、ひょっとしたら過剰な自意識かもしれない。

どちらにせよ、ここ(自分の町)でカメラを構えて、楽しいと思うことより
急かされてアタフタしている自分がいる。

故郷意識というのは帰属意識なのだという。

確かにそうかも知れない。 帰属している組織が町だとしたら、そこを
写真を通して赤裸々に綴ることは、自分のポートレートを撮るぐらい
恥ずかしい行為なのかも知れない。


2010年を振り返って。 最終回は 千歳市。

一切のキャプチャーは省く。

_0015727sssss.jpg

_0010706sss.jpg


_0011515sss.jpg


_0016507sss.jpg


_0017801sss.jpg


2010年は自分とって最も大切な一年だったかもしれない。
いろんなことがあった。 あり過ぎた。
過去に何度も直面した危機に立ち向かうことなく、やり過ごして
しまったことが多すぎる。

来年こそはと思いつつ、また逃避しそうな自分が居る。


こんなブログを訪問くださった多くの方々に感謝申し上げますとともに、
皆様の2011年が良い年であることを心よりお祈り申し上げ、一年の締めと
させて頂きます。

ありがとうございました。

snowpaper
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント