FC2ブログ
2011/01/01

元旦の朝。

あけましておめでとうございます。

初日の出が拝めそうな天気だった。
カメラ持って行ってみるか・・・・・

しかし街場では低い雲に遮られて無理のようだ。

郊外まで車を急ぐ。

間に合った。
_0019468.jpg

帰途にもう一枚。
_0019475.jpg

上の高速道路の看板。
_0019479.jpg

そこを少し過ぎた一時停止の交差点。
左右を確認した。 そこに彼女の亡骸はあった。
_0019476.jpg

このままでは、また引かれて無残なことになる。
何故か無視できなかった。
歩道際まで、彼女を寄せて、合掌。。。。。
_0019477.jpg


帰り道にキツネの足跡を見つけた。
昨日の彼女の最後の痕跡かも知れない・・・・
_0019481.jpg

2011年の元旦の出来事だった。
_0019484.jpg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

あけましておめでとうございます。
その時間は爆睡しておりまして
初日の出はこちらで拝ませていただきましたm(_ _)m

キツネさん・・・どきっとしました。
1年前に旅立ったウチのもう一匹のわんこに
シルエットが重なって・・・(((涙
最近本当にめっきり涙もろくなって
モニターの前でめろめろ泣いてたりとかします。

新年明けましておめでとうございます。
昨年は、赤平の珍来で偶然にお会いすることができました。何かのご縁だったのでしょう^^
今年もよろしくお願いいたします。

狐さんの写真を見て・・・死は突然訪れるものだと思いました。
今年は、今日を一生懸命に生きる1年にしたいです。また、楽しい予定を作って、少し先を楽しみに暮らしていこうと思います。

iscatさんへ。

路上で果てた犬や猫、そして狐や小鳥たち。

いままで僕もたくさん目にして来ましたし、可哀想だなあと
思うことはあっても、往来の激しい通りであったり
忙しいとか、なんとか理由をつけて通り過ぎてきましたが
今回は躊躇い無く彼女を少しでも守ってあげたいなどと
思いました。

新年ゆえなのか、歳のせいなのか、でも少し優しい人間に
成れたかもしれません。

今年も宜しくお願い致します。

タゴっちにもお伝え下さい。

Re: タイトルなし

僕はキツネを歩道に寄せて手を合わせたあと、
ふとこんなことを思っていました。

(たぶん彼女は何かの身代わりなのだろう。 一緒に歩いていた
子ぎつねかな、いや、腹をすかしたカラスの親子のために自ら・・・
とか・・・・)

僕は常々、この世は生きていける魂の数は動物・人間合わせて
決まっていて、何かが生まれるために誰かはその一生を終えなければ
いけないのだと思うのです。

たぶん彼女はその何かの為に旅立ったのだと思います。