2011/01/07

冬の夜長。

時代物は面白い。

_0019759sa.jpg

それは多分、男が男らしく生きていける、いや、生きていかなきゃならない
世界をリアリティーとフィクションをない混ぜて表現しているからだろう。

『強くなければ、生きてはいけない。優しくなければ、男じゃない。』さふいう、ロマンに溢れている佐伯泰英の世界は、時として
寝不足を伴う・・・・・

なんちゃって^^;


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント