--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/11/05

踊り子

3DSC_1261半切sss


2DSC_1268半切sss


1DSC_1350半切sss

目指すモノがあり、
         伝えるチカラがあり、
                    輝くヒトは、

                          やっぱり美しい。

彼女は、オドリコ。


千歳市民文化祭より。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

踊り子そのもの

伊藤さん、今ブログ拝見致しました。素晴らし過ぎて
何故だか、涙が出て来ました。

私の方が照れますね。

3日の私は、沢山のスペシャリストによりあの舞台に立たせて頂きました。
私、リハで失敗した悔しさが、良かったのでしょうか?
ソレアは悲しい踊りなんです。
性格的にソレアは会わないと思って居ました。来年はチョット色っぽい扇子を使うグアヒーラ踊ろうかなぁ(≧∇≦)

コメントありがとうございました。

ヒシャタイという写真用語があります。

つまり、「うつされるモノ」が被写体です。

自分にとって、ソレは山だったり、イキモノだったり、サビれた家屋だったりしました。
それが写真人生でした。

でも、今回それを超越した被写体と正面から向き合えたのです。

感謝いたします、ありがとうございました。

これからのご活躍を心より祈念いたします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。